色鉛筆アートに必要なもの

色鉛筆や紙の種類など、色鉛筆画に必要なアイテムをご紹介します。

 

 

<色鉛筆について>


色鉛筆には、「水彩色鉛筆」と「油性色鉛筆」の2種類があります。 

 

水彩色鉛筆はそのままでも使えますが、描いた上から水を含ませた筆でなどると、水彩画のようなタッチを楽しめます。

一方、油性色鉛筆はワックスオイルに顔料を混ぜて固めたものです。

色を重ねて塗る場合は、油性色鉛筆の方が適しています。

 

エタニティカラーでは油性色鉛筆を使っています。

 

油性色鉛筆にも国内・海外を含め、いろんなメーカーがありブランドも様々です。

各メーカーやブランドにより芯の柔らかさ、硬さ、発色も違ってきます。 

始めて買われる人は迷ってしまうと思います。

 

エタニティカラーに今ある色鉛筆は、ポリクロモス、色辞典、ホルベインアーチスト、

ユニカラー、プリズマカラーなどです。

 

 

<色鉛筆の種類>

○ ファーバーカステル・ポリクロモス

 

 芯は硬めで、濃く、鮮やかな色彩で滑らかに描け、細かいところまできれいに描けます。

 使う色によって重ね塗りした場合に、だまができることがあります。

 私の好きな色鉛筆です。

 

 

○ ホルベイン・アーチスト

 

 芯は軟らかでパステルのような滑らかな描き味、重ね塗りがしやすいです。

 ゴシゴシと厚塗りもできます。

 広い面を塗るには、ムラになりにくい点がポイントが高いです。

 ぼかし液(メルツ液)を使うと水彩画風なタッチが楽しめます。

 色鉛筆初めての方には、扱いやすい色鉛筆です。

 

○トンボ・色辞典全3

 

 芯も程よい硬さで、塗り心地も程よい感じでした。

 ナチュラルな色があり、植物画に適していると思います。

    添付の色名一覧表には、英名と和名、色の解説やマンセル値が載っています。

 三菱ユニカラー

 

  芯は中くらいの軟らかさで、淡色系の色が揃っていてソフトな描き心地です。

  透明度と彩度の高い色合いなので、植物などを描くにはいい感じです。 

 

 プリズマカラー

 

  粘りのある芯はすごく柔らかいです。

  ワックス分が多いのでなめらか、ベタ塗りしやすいです。

 

 

 以上、私が使って感じたことです。参考になれば幸いです。

 いろんな色鉛筆がありますが、やはり自身の好みに合った色鉛筆を選ばれるのが一番だと思います。

 

 セットを買う前に、各メーカーのものを1本ずつ買われて試してみるのもいいと思います。

  単品は100円~500円程度であります。

 


 *色鉛筆をセットで買ったら


  カラーチャートを是非作ってください。

  色鉛筆の軸の色と芯の色が微妙に違うことが多いのでカラーチャートを作りながら

  実際の色を知ることも重要だと思います。

  カラーチャートには、色鉛筆の番号と色名を記入しておくと買い足しする時に便利です。

 

 

<紙について>

 

紙にもいろいろ種類があります。

使う紙によって絵の雰囲気も変わってきます。

水彩用紙が色鉛筆アートには向いています。

水彩用紙にも「荒目」「中目」「細目」といった種類や色などがあり、仕上がりも違ってきます。


荒目・・表面の凹凸が大きい。細かいタッチには向いていません。(ワトソン・キャミソン)

中目・・荒目と細目の中間で初心者向きです。(コットマン)

細目・・表面がなめらかな紙なので、色のりがスムーズです。(アルッシュ細目・ケント)

    細密な描写に向いています。


描くモチーフによって、又、色鉛筆の芯の硬さや柔らかさによって、紙を選ぶのがいいと思います。

 

 

<便利なアイテム>


トレッシングペーパー・・・下絵をトレースしたり、作品保護カバーとしても使います。

 

消しゴム

 練り消しゴム・・・・・・・指で練ると使いやすくなります。紙もいためません。

 プラスチック消しゴム・・・切って角を使ったりします。

 ホルダー消しゴム(角型)・ノック式で詰め替えようが別売されているので便利です。

 

鉛筆削り・・・電動式

       高い色鉛筆がすぐに減って短くなるのが難点ですが、便利なのでついつい使ってしまいます。

       手動式       

       ファバーカステルの鉛筆削り

       芯がピンピンに尖れるのはいいのですが、芯が短くなるので削る回数が多くなります

       カッターナイフ

 

羽箒

製図用ブラシ

 

ステンレスの字けし版・・・・ふちなどはみ出した場合に使うと便利です  


フキサチーフスプレー・・絵の完成後に色落ちを防ぐための定着剤です。

 

あとは、プロジェクトペーパーとデッサンスケール

デッサンスケールは、今のところ手作りです。

 

What's New